英語力を活かせる薬剤師の職場

英語を身に付けているのであれば、せっかくなので英語力を活かせる職場で働いてみてはどうでしょうか。 薬剤師の仕事というと、あまり英語が活かせる場所はないのではないかと思ってしまいがちですが、外資系の企業に勤める場合は英語力が求められます。

外資系の企業の中には海外から薬を輸入しているところもありますが、そういったものの商品説明は英語で書かれているわけですよね。 そういったものを取り扱う際にも英語力がなければいけません。

それに、外資系の企業では、たくさんの外国人が赴任をしています。 日本で体調を崩してしまった時に、英語が話せる薬剤師がいるというのは非常に心強いものとなるでしょう。

このような理由もあり、採用の条件として英語力を挙げている企業も少なくありません。 ただ、仕事に活かせるほどの英語力なのかどうかという点はよく考えておいたほうがいいですね。

簡単な英文くらいであれば聞き取ることができるという程度の英語力だと、仕事に活かすことは難しくなってしまうでしょう。 求められる英語力は企業によって異なりますが、ひとつの目安としてTOEIC700点以上あれば十分にPR材料として活用することができます。

英語力が必須である企業の求人をチェックしてみると、求められるTOEICの点数が掲載されているところもあります。 まずは自分が働きたいと思っている職種で必要とされる英語のレベルをチェックしてみるのもいいですね。

外資系企業以外にも、ドラッグストアや薬局、病院でも英語力は活かすことができます。 特に外国人が多い地域で働く場合や、観光客が多い地域で働く場合は、英語力があると面接でかなり有利に働くでしょう。

それに、薬剤師が活躍できる場所は国内だけではありません。 日本でしっかり実務経験を積んだあとに海外で薬剤師として活躍している人もいます。

将来、海外で活躍したいと思っているのであれば、日本で薬剤師の経験を積みながら英語力も伸ばしてみてはどうでしょうか。

このページの先頭へ