薬剤師になるためにかかる学費

薬剤師になるには、薬科大学を卒業しており、国家試験に合格していなければなりません。 受験資格は大卒というだけでは不十分で、薬科大学に限定されています。 薬剤師になるには、いくらぐらいの学費が必要なのでしょう。

以前の薬科大学は4年制でしたが、現在は変更されているので、卒業まで6年かかります。 薬科大学が特に学費が高く、私立大学で比較した場合、例えば一般的な文系大学の相場は1年あたり100万円程度です。薬科大学になると、2倍の200万円近くもかかってしまいます。 実験や実習が多いので、その分の費用が影響しているのでしょう。

国立でしたら私立より割安ですが、私立に6年間通えば卒業までに1,200万円必要になる計算です。 4年制から6年制に制度が変わるということは、通う学生も大変ですが、学費を支払う親御さんの負担も大変ですね。

薬科大学の学費が高いからといって、入学・卒業をせずに薬剤師の国家試験を受けようとしても、受験資格を持っていないので受けられません。 薬品に携わる仕事をしたい方は、薬剤師資格を所有していなくてもなれる製薬メーカーの研究職やMRなどもありますので、視野を広げてみるのも1つの方法です。

薬科大学に無事入学して卒業できたとしても、薬剤師になるためには国家試験に合格しなければなれません。 卒業生は全員国家試験に合格しているわけではなく、もちろん資格がないまま大学を後にする方もいます。 卒業後も国家試験の受験資格はあり、年齢の上限などは設けられていません。

一度はあきらめて他の職業に就いたけれど、やっぱり再チャレンジしたいと思えば、受験することは可能です。 毎年受験していなければいけないなどの制限もありませんから安心です。 見事合格できたら、薬剤師として勤務を開始できます。 各都道府県に保険薬剤師登録の手続きを行うことで、保険を利用できる調剤薬局で働けるようになります。もちろん、最近人気の高いOTC薬剤師になることも可能です。

保険薬剤師登録の手続きを行っていなくても、病院やドラッグストアで勤務することはできます。登録は薬剤師国家試験に合格していればできますので、難しいものではありませんから早いうちに手続きしておきたいところです。

このページの先頭へ