薬科大学は留年しやすいか

日本の大学は、入学試験は難しいけれど卒業はしやすいといわれています。 薬科大学の場合、学生生活は研究や実験などで日々忙しく遊ぶ暇がないほどですが、同じく卒業しやすい環境だと言えるのでしょうか。

薬科大学では、毎年多くの学生が留年しています。 以前は4年制でしたが、現在は6年制に変更されており、留年するとなるとさらに長く通うことになり、考えただけでも大変です。

薬科大学の学生だからといって、留年しながら薬剤師を目指すという人ばかりではありません。 国公立と私立大学とでは、卒業後の進路の特徴が異なります。 東京大学薬学部の学生は秀才のイメージがありますので、留年せずにスムーズに薬剤師の試験をパスし、調剤薬局などの職場に就業するのかというと、実際にそのような方はまずいません。

東大薬学部の学生は、メーカーの研究職を志す方が大勢集まっています。 メーカーの研究職は薬剤師の資格がなくてもなれる職業なので、国家試験に受験しないまま留年もせず、卒業してしまう学生が多くいます。

希望の就職先を反映してか、東大薬学部の卒業者は薬剤師の資格保有者の割合が比較的低く、約40%しかいないのです。必要性が特にない資格であり、記念に受験する程度の気持ちで対策をしないまま国家試験に挑むので、頭脳明晰でもその程度の合格率にとどまっています。

薬剤師の国家試験の受験資格は、薬科大学を卒業していることです。 授業を休まず真面目に出続けていても、卒業試験で一定水準を下回ってしまえば、単位が十分にあっても関係なく留年が決定します。 留年する場合は卒業していないので、国家試験対策に力を入れても無意味になってしまいます。

大学サイドとしては、国家試験に合格する高いレベルの生徒しか、受験させたくないと考えています。 不合格者が出るほど大学の合格率の数字が下がるので、受験生の人数が減るという悪影響を及ぼすためです。

某私立大学では、試験に落ちそうな学生に受験させまいとして、試験日と卒業試験の追試の日程を同じ日にし、受けられないようにして問題になったことがありました。 追試になるレベルの学生は、不合格になる可能性が高いと考えたのでしょう。

このページの先頭へ