正社員として働く薬剤師

正社員として薬剤師の仕事をする場合、就職の状況はどうなのでしょう。 現在は正社員として働いてくれる薬剤師を、多くの職場が求めていますから、希望すればすぐにでも就職先が見つかりやすくなっています。

正社員の薬剤師を募集している職場は、小規模なところが多く、大型チェーンなどはほんのわずかです。 小規模な薬局は、個人経営で行っているところがほとんどです。大型チェーンで募集している人材は、基本的に新卒の薬剤師です。

全国展開しているために、国内のあちこちに転勤の辞令がおります。 新卒者でなく中途採用の方もいないわけではありませんが、すでに家庭を持っている薬剤師はあまり転勤を望みません。

子供がいて学校などの問題も考えると、一定の場所で働きたいので、地元の薬局勤務を志願します。 地元の小さな薬局なら万事いいかというと、そうとも言い切れません。 株式会社や有限会社の薬局だと安心してしまいそうですが、ワンマンのオーナーの元で働くことになる可能性もあります。オーナーの融通がききやすい分、そのことがトラブルの元になることもあるのです。

採用される前にはまず面接を受け、お給料や労働時間などの雇用条件について踏み込んだ説明があります。 しかし、実際に働きだしてみると、面接時に説明された労働環境とはまるで違ったり、残業代などで問題が起きるケースもあるようです。

近年では薬剤師の派遣というものがありますので、この紹介予定派遣という制度を利用するのも1つの方法です。 実際に働いてみて、薬剤師と勤務先の双方でこのまま続けたいと思ったときに、改めて正社員に登用されるというシステムです。

日本で正社員というと、少し前まで終身雇用の考えが一般的でしたが、薬剤師の場合は辞めても次の日には新たな正規雇用先が決まるくらいの売り手市場です。 安易に辞表を提出したとしても、すぐに転職先が決まりやすいほどです。 就職で失敗したくないという方は、紹介予定派遣でお試し期間を設けてみるのもいいのではないでしょうか。

このページの先頭へ