管理薬剤師の副業は可能なの?!

薬剤師として仕事をしていく上で、管理薬剤師を目指す人は多いと言えます。とくに、キャリアアップを考えて仕事をしている新卒の薬剤師は、いずれ管理薬剤師として働くことを目標にしているケースが少なくありません。

管理薬剤師の場合、一般の薬剤師と比較すると、年収で50万円から100万円は変わってくることから、収入面でも恵まれているといえますが、近年の不景気の影響からか、収入がダウンすることが増えてきています。 そのため、副業を考える人がいますが、管理薬剤師が副業をすることは可能なのでしょうか。

結論から言いますと、薬事法で禁止されていることから、他の薬局で調剤を行ったりすることはできないことになっています。ただし、勤務先の就業規則で、副業許されているということであれば、他の職業に携わることは可能ではあるでしょう。

とはいえ、管理薬剤師は、現場を管理、統括する役割を担っています。また、新薬が次々と登場したり、進歩し続ける薬剤の情報を常に収集ながら、学び続けなければなりません。

毎日、人の命を預かっているわけですから、ミスがあってはいけないのは当然のことですし、そのように考えていくと、副業に充てる時間があるなら、勉強し続けた方が良いということにもなります。

管理薬剤師ではなく、薬剤師として活躍している人の中には、副業をしている人も存在しますが、管理薬剤師が副業することは、本業が疎かになる可能性が高いため、あまりお勧めできることではありません。

もしも、収入面のアップを考え、副業を検討しているのであれば、転職することがベストな選択だといえるでしょう。最近は、薬剤師の求人を専門的に扱っている優良サイトが増えてきています。

また、専属のコンサルタントが交渉にあたり、より好条件で働くことができるケースも多いため、結果的に副業をするよりも収入面で恵まれる可能性は高いといえるでしょう。

薬剤師専用の求人を扱っているサイトは、無料で利用することができますので、いくつか人気があるサイトに登録し、実際に求人を探してみることをおすすめします。

このページの先頭へ