薬剤師で残業無しの職場ってあるの?

正規雇用となると残業って付き物ってイメージがありませんか?実は残業無しが可能な職場が薬剤師にはあるんです。それは調剤薬局です。

調剤薬局は基本的に病院の診療時間に合わせて 営業時間が決められており、勤務時間も決定されています。 ですので残業が無い、またはあっても少ない職場が多いです。 他にも、クリニックや収容施設の無い小規模な病院でも 残業が無いところは多いです。

管理薬剤師など役職がある求人の場合でも、 残業無しで働ける職場もあります。 残業が多い職場で働いていると残業の無い職場で 働きたいなぁと思ったりしませんか? 残業が原因で体調を崩すということもあります。

そんなときは思い切って転職を考えてみてはどうでしょうか? 周囲の環境を新しく変えることで心身ともに 良い影響が出ることもありますので、転職は良い選択肢なのかもしれません。 しかし、残業なしの求人を探す場合は注意点があります。 それは今よりも収入が減る可能性があるということです。

残業ができない職場ですと勤務時間が制限され、 残業代というものが無くなりますので収入が減る可能性があるのです。 場合によっては福利厚生が減る職場もありますので その点を理解した上で残業なしの職場を探してください。

職場が小規模になるほど福利厚生が充実していないので、 自分にとって譲れない、必要だという福利厚生があるならば きちんとその福利厚生が確保できる求人を選んでください。 しかし、福利厚生が少ないなどに関わらず、 残業なしの求人はとても人気があります。 ですのでその分競争率が高いというわけなのです。

競争率が高い職場では単純な志望理由では受かりません。 例えば、残業が無いので選んだというだけでは 採用されないというわけなのです。 そのため転職活動はその分入念な準備が必要となってきます。

志望動機をはっきりさせるということ、 自己PRをうまくできるようにすることが大切です。 採用されるためにはライバルよりも自分が 優れているということをアピールしなくてはならないのです。

志望動機で一番してはいけないことは 「残業が少ないから、無いから」「給料が高いから」など 職場の待遇面を志望動機にするということです。 同じように良い待遇の職場は他にもたくさんありますので なぜその求人を選んだのかはっきりさせましょう。

志望動機を上手くまとめるのは、求人先の仕事に対して 自分がどう取り組みたいのか、目標を伝えることが良いでしょう。 相手には良い印象を与えること出来ますし、 自己PRの内容も志望動機のように仕事に関係した 内容にすると良いでしょう。

薬剤師の転職支援サイトでは、このような志望動機や 自己PRについて作り方を詳しく教えてくれるところもありますので 転職準備をするなら是非利用してみてくださいね。

このページの先頭へ