漢方薬剤師として働くには?

薬剤師とは調剤薬局や病院で薬のスペシャリストとして勤務します。 患者さんの病気に合わせて薬を調剤したり、薬についての 安全性や有効性、正しい服用の方法を患者さんに わかりやすく説明することなども薬剤師のお仕事です。 他にも、薬の管理や品質の検査なども行います。

薬剤師は、感染症の原因菌を殺したり、熱を下げたり、 痛みを和らげたりなど、症状に対して即効性のある西洋薬を扱います。 実は薬学教育の中では、漢方薬についての教育課程もあります。 漢方薬や生薬の知識を学び、漢方薬剤師としてはたらく薬剤師もいるのです。

漢方薬・生薬認定薬剤師制度というものがあり、 認定に合格できれば漢方薬や生薬関連のお仕事をすることができます。 認定に合格するには、(財)日本薬剤師研究センターと 日本生薬学会が実施している研修を受講して、 認定試験に合格しなくてはなりません。

そして水準レベルの能力と適性があると認められれば 漢方薬剤師として認定されるというわけなのです。 漢方薬は病気を予防する、健康増進をする効果があります。 病気を治すというよりも、まだ病気ではないが、 放置してしまうと病気になってしまう状態に効果的なのです。

漢方薬は人工的に作られたものではなく、 植物や動物、鉱物など自然素材を原料とした 天然の有効成分ですので服用を継続することで 健康的で調子が整った身体へ導くのです。 漢方薬剤師は東洋医学の理論をもとに お客さんに対して適している漢方薬を紹介していきます。

お客さんはまだ病気ではないため症状も曖昧ですし、 なにより生薬も膨大な情報がありますので その中から有効的で安全に服用できるものを選ばなければなりません。 漢方薬剤師として限定された求人まだ少ないです。

しかし、近年漢方薬がブームとなってきており、 サプリメントや健康食品として漢方薬が一般的にも普及してきました。 生活にとても身近になってきたことから、 健康相談もできる漢方サロンが人気になってきています。

そのため今度次々と漢方薬剤師のニーズが増えてくるでしょう。 転職支援のサイトなどで検索してみると 漢方薬剤師の求人が見つかるかもしれません。 まずは一度探してみてはどうでしょうか。

このページの先頭へ