未経験でも働きやすい職場と働きにくい職場

どんな仕事でも言えることですが、未経験者でも安心して働けるところもあれば、そうでないところもあります。 経験者のみが求められる職場の場合、例え面接に受かることができたとしても、仕事についていくことは難しくなってしまうでしょう。

未経験であるということは、ある程度薬剤師として働いたことがある人ならば知っていて当然の知識もまだ身に付けることができていないということです。 この状態で経験者が求められる職場に就職をしたとしても、わけがわからないままに退職という形を取ることになってしまうかもしれません。

まず、未経験者でも採用されやすい職場はどういったところかというと、治験関係の職場です。 CRCやCRAといった仕事をするためには実務経験が3年以上なければ就くことができませんが、それ以外にも様々な仕事があります。

しかも、治験関係の仕事は人数が必要であるのに対して人材不足が叫ばれているため、未経験者でも積極的に採用をしているようです。

逆に未経験者が働きにくい職場として挙げられるのが、薬事業務や安全情報管理関係の仕事ですね。 薬事業務や安全情報管理関係の仕事は非常に専門性が高い職場となるため、未経験者の人が採用してもらうのは難しいです。

特に薬事業務には法律も関係してくるので、ただ単に薬剤師として働いていた経験があるというだけでは採用してもらうのは厳しくなってしまいます。

注意したいのが、経験者優遇という職場です。 未経験者でも可だけれど経験者を優遇しているという職場の場合、ほとんどのケースでは経験者のほうが採用されると思っていいでしょう。

もし、こういった求人に積極的に応募しているものの採用してもらうことができないということであれば、経験者優遇という点よりも未経験者歓迎をアピールしている求人情報に応募をしてみるといいですね。

経験や知識が少ないという点は、どうしても経験者に比べて不利なポイントとなってしまいます。 ですが、意気込みや目標などを面接でしっかり伝えることができれば、未経験者でも働ける職場がきっと見つかるはずです。

このページの先頭へ